So-net無料ブログ作成

境界のRINNE 17巻 感想 (ネタバレ) [漫画]

発売から随分間が開いてしまいましたが、
境界のRINNE17巻の各話感想です。
>
>
>
>
>
>
>
>
>
>

「7日間の恋」
いつも生徒が取り憑かれている夏休み明け、
フォークソング部から先輩の様子がおかしいと
依頼を受けたりんねですが…

おもいっきりおかしい姿よりも声の心配をする
部員がいかにもルーミックです。

「怨み無限大」
三日月堂が鎌のお祓いをしてくれとりんねに依頼。
すぐに買い手が付くのですが、なぜかすぐ返品さ
れてしまいます。

鎌の形状からしてもうおかしいのですが、鳳、れんげ、
架印も加わってグチャグチャなお話になりました。
三日月堂関連の話は桜さんが出ないことが多い気がします。

「畳の手」
茶道部の部員が大量退部したというので、怖いもの好き
で怖がりのミホさんたちと一緒に体験入部した桜さん
ですが…

とりあえず多々美くんが一番悪いということで。
畳にも気短とか変質者とかいるんですね。

「呪金箱」
通行人に光る物が金を要求して追い掛け回す事件が多発。
おとうさんは浄化されませんでした(笑)。

「七日たったら開けること」
鳳が小学生の時に作って忘れていた呪い人形がれんげを
襲う。

れんげが身代わりになるのに容赦なく人形を攻撃する
りんねくん。日頃の鬱憤が溜まっているのでしょうか。(^^;

るーみっくの学校は色々危ない授業が多いです。

「魔の4コース」
りんね・翼・れんげ・桜の四人が体育祭の男女混合リレー
の選手に選ばれましたが、毎年第4コースを走るグループ
はなぜかバトンパスを失敗してしまいます。

かなり変てこな死に方をした霊をそっちのけで、賞品の
アンパンめざして燃えるりんねたちですが、チームワーク
の問題で結局4コースは祟られていたようです。

「月に願いを」
三日月堂に頼まれた簡単なバイト…のはずが、霊やら猫やら
の妨害で割に合いません。無事月の守護霊を呼び出して授か
った、ありがたい呪文とは?

まあ、地道に働きましょう。

「謎の狛犬」
神社の狛犬に体当たりする狛犬の霊が出現。桜はその背後に
巫女の霊を見る。どうやら翼のことを恨んでいるようだが…

るーみっく定番の低レベルの嫌がらせが良いです。

「ご本人 登場!」
霊は翼の元クラスメート、榊あやめの生霊だった。霊を追跡
すると、あやめ本人と出会う。あやめは翼を覚えていなと
言うが、つっけんどんな態度の翼に霊の報復は激しくなる(笑)。

はたして霊の暴走は止められるのか?

「生き霊の願い」
昔、あやめが悪霊の退治にてこずっていると、
白馬に乗った十文字君が助けに来てくれた。

転校の日、あやめが渡したメアドのメモは翼
が悪霊退治に使ってしまった(笑)。

コントロール出来なくなり、翼に取り憑いた
生霊を戻すために、あやめは翼とデートすることに。

翼くんは響良牙みたいな人だったんですねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。