So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメ「境界のRINNE」第3シリーズ 第55話(3期5話) 『黒星三世/開運の壺(つぼ)/虹色のタケノコ』 [アニメ]

5月6日(土)午後5時35分よりEテレで放送。

原作176話(コミック18巻8話)、原作220話(コミック23巻2話)、原作233話(コミック24巻5話)をアニメ化しています。黒星の孫・黒星三世が登場します。


「黒星三世」

りんね君は魂子さんから契約黒猫を引退する黒星の孫の黒星三世を鍛えて欲しいと頼まれました。やたら女性に愛想が良いですが、桜さんには通じません。

三世を特訓するために、廃屋で浮遊霊狩りをしようとしたりんね君ですが、なぜか霊の気配がしません。突然桜さんに警告を発する三世。その直後、地下から悪霊がりんね君たちを襲って来ました。りんね君は悪霊を直ぐに捉えますが。三世は桜さんの後で震えています。

幽霊が怖くてたまらなかった黒星三世。しかも桜さんの膝の上を占領して六文に文句を言われています。このままでは契約黒猫になれないので、りんね君は三世を木に縛り付け、霊寄せ香で霊を引き寄せて慣れさせようとしますが、三世は子猫に変身して逃亡。六文の言葉に引き返して戦おうとしましたが、りんね君の顔を引っ掻き回して結局逃げてしまいました。

契約黒猫の適性は無いと報告すると言うりんね君に、千円の口止め料を差し出す黒星三世。「感動した!!」とりんね君(笑)。そのとき霊が現れ、三世は逃げ回ってりんね君の顔を傷だらけに。

霊は魂子が試しに放ったものでした。三世の幽霊恐怖症を知っていた魂子は自分の家で修行しないかと言います。喜ぶ三世でしたが、りんね君に修行してもらった方が楽だったかも。場面転換のデフォルメ黒猫達が可愛いです。続けて悪霊の顔がぬっと出るのも良い感じです。修行に月謝を取るので黒星の引退は先延ばしとなりました。


「開運の壷」

放課後の教室でなぜか鯖人がアネット先生に「愛する息子のためにためた」金の行方について相談しています。当然のごとく父親に蹴りを入れる愛息。桜さんは鯖人がのぞき玉を盗ろうとしていると警告しますが、アネット先生はそのような未来は見えないと言います。

その時大金を掴んで喜ぶりんね君の映像がのぞき玉に映し出されます。「お前が犯人か!!」と愛息に殴り掛かる鯖人。「六道君にあげるつもりだったのでは?」とアネット先生。「嘘に決まっていますよ。」と桜さん。

鯖人は堕魔死神カンパニーの新商品「開運の壷」(¥50,000)に金を隠して社長室に置いたのですが、壷が消えてしまったのでした。桜さんの言葉に思い当たる節があった鯖人は、のぞき玉を持って立ち去ろうとします。りんね君に殴られて鯖人が落としたのぞき玉はアネット先生の手元に。「ね、盗られなかったでしょ?」「はあ…」

金を得るために争いながらあの世に向かう親子。「そんな未来、パパが変えてみせるさ!!」と言うことだけは格好いい鯖人。社員によると「バカそうな客」が一人買って行っただけで壷は全然売れないとのこと。のぞき玉に写った映像によると、社長室の壷は社員が商品と間違えて店に持ってきてしまったのでした。

金を探すために壷を割り出す鯖人、りんね、そして話を聞いた社員たち。全ての壷を割りますが金は出てきません。その時、「バカそうな客」こと鳳が全然願いが叶わないと壷を持って文句を言いに来ました。「鳳─!!」と駆け寄るりんね君。「りんね!願いがかなったー!」と鳳が放り上げた壷を鯖人が奪取。その時堕魔死神(実の姉)に気付いた鳳は店を爆破。落下した看板が直撃して鯖人が落とした壷をりんね君が奪って遂に中の金を手に入れます。

その時、強面天使の店の大家が現れ金を家賃として全て持っていってしまいました。大家の声がやたら渋かったですが、ナレーションの玄田哲章さんだったようです。鯖人役の山口勝平さんと共にベテラン声優の活躍が目立ちます。その場に倒れ込むりんね君を、桜さん達がのぞき玉でしっかりと見ていました。ぐるぐる目で仲良くのぞき玉を見る桜さんとアネット先生が面白いです。


[虹色のタケノコ]

あの世の竹林には一年に一本だけ、一つだけ願い事を叶える虹色の竹が生えるそうです。りんね君達死神は命数管理局に虹色のタケノコを保護するため駆り出されましたが、無給でしかもタケノコを傷つけると罰金10万円なので皆やる気がありません。

側をうろつく虹色のタケノコを無視して普通のタケノコ狩りに精を出すりんね君に、堕魔死神れんげが襲いかかります。れんげは虹色のタケノコを命数管理局に黙って育てて願い事を叶えるつもりでしたが、黒猫の黒洲六段にあっさりと討ち取られてしまいます。

黒洲は「偶然にも」手に入った虹色タケノコを闇のマーケットで20万円で売り飛ばそうとしていたのでした。微妙な値段を聞いて、りんね君やれんげもタケノコを奪い返そうとしますが、意志のある虹色タケノコは黒洲の手から逃げ出してしまいました。

その頃、遅刻して虹色タケノコの事を知らない鳳は朧に普通のタケノコを茹でさせてりんね君をおびき寄せようとしていました。その鍋の中に虹色タケノコが飛び込んで茹で上がってしまいます。鳳から煮えたタケノコを渡されたりんね君の後から架印が…りんね君が投げ飛ばしたタケノコをまたまた黒洲が受け取ります。

皮を剥いたら無事だった虹色タケノコを持ち去る黒洲を死神達が追いかけます。黒洲は黒猫幻術で竹槍の雨を降らして反撃しますが、怒った鳳に鍋をぶつけられてタケノコを落としてしまいます。鳳は初登場時もりんね君と互角に戦っていたし結構強いのかも知れません。

最後に黒猫鈴が虹色タケノコを拾って焚き火で焼いてしまいました。炎から脱出したタケノコは最後の力をふりしぼり、自ら願いを前倒しして竹となりました。架印は身内の不祥事をもみ消しました。


死神・黒猫が沢山出演してずいぶん賑やかな回となりました。

来週は原作257話(コミック26巻9話)、原作239話(コミック25巻1話)、原作178話(コミック18巻10話)の予想です。魔狭人が今期初登場です。


小学館集英社プロダクション
http://anime-rinne.com/
NHK
http://www9.nhk.or.jp/anime/rinne/
注目!情報─境界のRINNE | NHKアニメワールド
http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/index.html?i=3&a=rinne

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る