So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメ「境界のRINNE」第3シリーズ 第59話(3期9話) 『仏間で謝れ/知恵の女神/宝の川』 [アニメ]

6月3日(土)午後5時35分よりEテレで放送。

原作272話(コミック28巻4話)、原作289話(コミック30巻1話)、原作154話(コミック16巻6話)をアニメ化しています。りんね君がどんどんダークサイドに…


[仏間で謝れ]

鯖人がこの世のりんね君の祖父(来世鯖男、アニメ1期3話参照)。の墓に墓参りにやって来ました。墓石が鯖の形で純金の鯖缶のオブジェが飾ってあります。

あの世の魂子の家に呼ばれたりんね君と桜さんと六文。また繰り返されるグリグリに「この件省略する気ないのかな。」と桜さん。当たり前のようにあの世に行ってますね。 昨日から泥棒が家をうろついているから捕まえてと言う魂子さん。畳は足跡だらけで襖を開けると霊道があります。

その時霊道から現れた鯖人の顔には鯖模様が現れていました。りんね君の祖父の墓から鯖人が金の鯖缶のオブジェを盗んだ時、魂子が仕掛けておいた呪いの鯖スプレーに引っかかったためで、呪いを解くには来世鯖男の仏前で謝らなければなりません。

魂子の家は鯖スプレーに反応して霊道が発生する仕掛けがあったので、鯖人は仏間に行きたくても行けません。魂子は「ごめんで済むなら仏間はいらない。」と分けの解らない事を言っています。昨日から掃除しっぱなしの黒星とその孫は大迷惑です。

一箇所だけ霊道が無く、通り抜ければ仏間に行ける部屋がありましたが。大量の家具などが雑然と突っ込んでありました。さっさと退避する桜さん(笑)。りんね君は捕まって魂子からお小遣いをもらう代わりに鯖人を手伝うことになりました。

仏間にはたどり着けず、代わりに鯖人が50万円入りの預金通帳を見つけました。印鑑が無いと預金が引き出せないので親子で探し始めます。他の金目のガラクタにも気を取られる親子はもう顔までそっくりです。

三時間後、やっと印鑑を見つけるも、突如現れたりんね君の祖父の生まれ変わりの鯖の生霊に水を吹き付けられ鯖人は吹っ飛ばされ通帳と印鑑を見失ってしまいました。

気がつくと鯖人とりんね君は仏間にいました。父のお導きと喜ぶ鯖人でしたが、来るのが遅いので祖父(鯖)の生霊が業を煮やしたようです。りんね君と鯖人は三日三晩通帳と印鑑を探しましたが見つかりませんでした。

りんね君の父・祖父・祖母・嫁?が勢揃いでしたね。残るは母親のみです。


[知恵の女神]

翼君が桜さんを自宅に呼んで、テスト勉強をすることになりました。当然のよう桜さんに誘われてついてきたりんね君には本マグロブロックを与えて別室へ閉じ込め、桜さんと二人きりになれると妄想(桜さんが別人に…)しますが、隙きのない桜さんはミホリカと一緒にやってきました。

渋々皆と勉強をする翼君の所にお祓い屋の父親から宅配便が届きました。中に入っていた「ミネルヴァ」と書かれたラベルの貼ってある瓶の蓋をリカが勝手に開けて中から何かが飛び出しました。

翼君が「知恵の女神ミネルヴァが逃げた。」と嘘をつき、ミホリカが追いかけ出しました。今度こそ桜さんと二人きりになったと思った翼君でしたが、冷静な桜さんに霊だと見破られ、一緒に探しに行かなければならなくなりました。

台所ではりんね君と六文が本マグロのお造りを前に感涙を流しています。いざ食べようとするとミネルヴァに食卓を蹴散らされてしまいました。台所に入ってきたミホリカは鬼の形相のりんね君を見て逃走。「桜ちゃん、鬼撮った鬼─っ!!」「これ六道くんだよ。」

りんね君は霊体用カラーボールを投げましたがかすっただけでドレスの一部のみ現れました。りんね君達にもミネルヴァの姿が見えないんですね。 りんね君や何故か怖がらないミホリカがミネルヴァを追いますが、ミネルヴァの仕掛けた罠に引っかかってしまいます。りんね君は自分で仕掛けた霊取り紙(ハエ取り紙みたいなの)に絡まりながらミネルヴァに霊体用カラーボールを命中させました(洗ったマグロも無事)。

ミネルヴァが捕まらないので今更ながら翼君が父親の手紙を読むと捕獲方法が書いてありました。「ミネルヴァ、ごはんだぞー。」出てきたのはドレスを着た猿の幽霊でした。マグロは皆で美味しく頂きました。分け前の減るりんね君は不満そう。桜さんはバナナを食べています。

再来週(61話)にはテストですね。りんね君の成績は?


[宝の川]

霊達が三途の川を渡る時捨てた物品を数年に一度川の流れを堰きとめて死神達が回収するのですが、金目の者は拾った死神や黒猫の所有物になるのでした。川底に金の延べ棒が落ちているのを見つけた六文がのべ棒を運べず困っている所をりんね君が見つけますが、巨大六文に噛みつかれて吹っ飛ばされてしまいました。

翔馬は千両箱を見つけますが、黒洲が横取り。そこに落ちてきて黒洲を倒したりんね君が千両箱を拾いました。巨大化して延べ棒を運ぶ六文にりんね君が声を掛け、千両箱を見つけたので二人の生活が楽になると言います。感激した六文が見せた延べ棒をりんね君が取り上げ、千両箱を六文に与えましたが、箱の中身は(やはり)空でした。

鑑別所の架印はりんね君が金の延べ棒を持ってくるのを見ましたが、役人だから私物化は出来ません。架印の黒猫・鈴は大喜びで駆け寄りますが欲しかったのは落ちていたビー玉でした。机を投げて怒る架印(原作では割と早い時期の話なので架印と鈴の関係が安定しません)。机をぶつけられてりんね君は延べ棒を川に落としてしまいました。

落ちてきた延べ棒を奪おうとする黒洲(主人をぶっ飛ばした…)。黒猫幻術で他の黒猫を排除しますが、りんね君が投げた六文が延べ棒を奪い返しました。「いまの俺のアシスト忘れないでくれよ。」「帰りにコンビニのおにぎりでも勝手あげますよ。」しかし川の水かさが増し、清掃終了で水門を開いたとの放送が鳴り響きました(普通逆では?)。六文は川底から金の延べ棒を持って帰れませんでした。

次回の三途の川の清掃を夢見て造花の内職にいそしむりんね主従でした。自分の事しか考えてないけど何故か相棒を気にしてしまう二人でしたね。

再来週(61話)にはまたまた三途の川でひと騒動です。


今週はりんね君のゲスさが特に際立ちました。2期最終回の流れからそろそろ桜さんとの関係が不安になって来ますね。

今週の作画は「犬夜叉」の時からルーミック・アニメに関わっている本橋秀之さんでした。かなり癖のある絵ですが、動きがとても良いので私は結構好きです。脚本は高山カツヒコさんでオリジナルも加えてとてもハイテンションになりました。


来週は原作151話(コミック16巻3話)、原作209〜210話(コミック22巻1〜2話)の予想です。れんげさんが色々と困った目に。アネット先生も久々に登場します。


小学館集英社プロダクション
http://anime-rinne.com/
NHK
http://www9.nhk.or.jp/anime/rinne/
注目!情報─境界のRINNE | NHKアニメワールド
http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/index.html?i=3&a=rinne

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る