So-net無料ブログ作成

南北戦争 [歴史]

日曜日に始まった大河ドラマ「八重の桜」を見ていると、
いきなり南北戦争のゲティスバーグの戦いの場面でした。

ゲティスバーグの戦いは「天下分け目」の戦いで。
16万人もの将兵が戦い死傷者は5万人近くに達しました。
リー将軍の北部侵攻は頓挫し、以後南部は劣勢に立たされます。

以前、NHKで南北戦争の連続ドキュメント番組をやっていましたが、
極めて悲惨な戦争だと知りました。

抗生物質の無い時代、手足を負傷すれば直ぐに切断され、
腹部に銃を受ければ数時間苦しんだ後、確実に死ぬことになります。

戦力は北部が圧倒的だったのにも関わらず、南部の巧妙な戦術で
なかなか決着がつきませんでした。結局物量作戦と焦土化作戦に
よって南部を破壊し尽くすまで戦いが続きました。

南部から見た南北戦争は「風と共に去りぬ」を読むと良いと思います。
「若草物語」は北部から見た戦争が描かれているようです。
(詳しく知りません。すみません。)
タグ:歴史
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

エイプリルフール [歴史]

いつのまにやら高校野球の決勝戦。清峰が優勝しました。

ケーブルテレビが無くなって地上波だけになるとやっぱり
退屈です。番組のレベルが低い…

スカパーにでも入るかなあ。


昨日はエイプリルフールだったんですね。日本の習慣では
無いのでピンと来ません。

以前、英語の勉強をしていた時に昔のヨーロッパでは4月1日が
新年だったと学びましたので、Wikipediaで調べてみました。

それによると、昔は3月25日の受胎告知の日が新年で4月1日まで
お祭りだったのこと。

ところがフランスの王様が1月1日を新年に変えてしまい、
反発した人達が4月1日に馬鹿騒ぎを始めたとのこと。

怒った王様はそれらの人達を処刑してしまったのですが、その中に
13歳の少女がおり、それを哀れんで4月1日にお祝いをするように
なったのこと。

軽い気持で考えていたのですが、深い意味のある日なんですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る